2018年02月18日

図工の内野先生

小学生時代の恩師
内野務先生の図工の時間を記録した
とんとんギコギコ図工の時間
っていう素敵なドキュメンタリー映画があります。
https://youtu.be/7Dz8LNBUKPQ


その先生の図工ワークショップを息子たちが受けている!😭

20180218202156622.jpg

20180218202206798.jpg

20180218202226099.jpg

わたしは内野先生の図工が大好きでした。
作品を作り出したら止まらなくて
図工の時間が終わってもやめられないときがあっても
担任の先生もそのままやらせてくれたんだよね。
いまおもうと謎。(ちなみにこないだの個人面談で息子が図工の先生の名前を未だに覚えていないこと と
熱中すると止められないことを注意された笑)

先生はギター片手に今日やることを歌いながら教えてくれたりして
図工室にあるものはノコギリだってなんだって全部使ってよくて
あの時間は夢中という言葉がぴったりだった。
夢中で作業していると先生が

見てみろ!この子の鼻の頭の汗を!

と言って
わたしの鼻の頭の汗を褒めた。


夢中の創作 と見てくれてる人がいるで
幸せホルモンがドバーっと出たのだ。

あと中学受験で両国の塾に通ってたとき
高架下の焼き鳥やから先生が出てきたことも。きのうのことのよう。
20180218202241638.jpg




その何十年もあと
いまから13年前

わたしはあることに結構絶望してその日の予定を全部キャンセルして
浜松町の埠頭にひとりでふらりと行った

船着き場にやたらと小学生のこどもたちがいて
やたらと人気者っぽい先生を囲んで写真をとってて
いまは社会化見学もデジカメ持参なんだなーと思って見てたら
あれ?

あれ?と思ったと同時に
すみませんー写真撮ってくださーーーい!と女子生徒に呼ばれ
先生と生徒たちにはいチーズと言って写真を撮ってあげて
そのこどもたちの真ん中にいたのが
なんと内野先生だった!

お互い驚きつつ
社会科見学のこどもたちと共にお台場までの船に乗った
先生の彼女ー?ひゅーひゅー
とか言われながら。

当時いろんな国で公演していた三人姉妹っていう作品にお誘いし
わたしは先生がドキュメンタリー映画になってることを聞いた。


この映画のこどもたちはあの頃のわたしだ。
なにかを作ってるときの夢中とそれを誰かがいいね!っていってくれるの
が生きる喜びの原点なのだな。


先生には千秋楽のワンダースリーを見てもらう予定
息子たちは来月も先生の図工ワークショップを受けるょ❤
posted by 関口満紀枝 at 20:23| Comment(0) | makie's diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする